テレビ番組がリモートで制作をされています。
共演者が別々の場所にいて、それを一つに見せています。
時代は、このリモート。
リモートパパ活をすることで、麻恵は収入に繋がると言い出したのです。
「コロナ以降って、オンライン飲みが流行したじゃない」
「うん・・・」
「これに目を付けたんだよね。最近はオンラインキャバなんて言うサービスまであるんだけどさ、個人でも出来るんじゃないかと思ってね」
「ギャラ飲みで支援を?」
「まあね、あっ、ギャラ飲み感出すと、嫌われちゃうからさ、この辺は注意が必要だけど(笑)」
彼女は、パパ活アプリで、オンラインのサシ飲み希望者を探してカンパを得ているようです。
「たまには、別の女の子と飲みたいなんて思う人たちが多いからね」
気軽に、お酒に付き合ってあげる。
もちろん、お金が欲しいなんて自分からガツガツ言わないこと。
さりげなく、仕事がなくて困っているって伝えるようです。
「優しい人だと、支援してあげるって言ってくれたりしてさ、お酒も入るから余計に財布の紐が緩むみたい」
キャバ嬢の私です。
お酒で男性の相手をするのは得意。
これ、私のためにある支援方法じゃないの?
そう思ってしまったのでした。
「どんなアプリを使ってるの?」
「Jメール、ワクワクメール、PCMAX、全部使うんだ。そうすると出会いの確立高まるからね」
気が気じゃない気分になってしまっていました。
現在、出勤制限があり、仕事をしていても収入源。
麻恵の支援方法は、私にもぴったりです。
すぐに行動しなきゃいけないって、本気で思ってしまったのでした。

 

 話を聞いた直後、アプリをインストールしてしまいました。
サシ飲み希望者を探す。
そして男性のプロフをチェック。
お金持ち度から、相手とのやりとりをするかどうかを判断する。
こうすれば高い確率で支援してもらえるかもしれません。