オンラインパパ活での支払い方法は、電子マネーを使う方法と、ギフト券を使う方法があるようです。
麻恵は「アマゾンギフト券で渡してくれる人もいるし、LINE PAYの個人間送金の人もいるからね」と話していました。
どのみち収入に繋がるのはとても嬉しい。
やりとりになったIT企業経営の海老根さんと、楽しいお酒を心がけて行こうと思いました。

 

 ちなみに、無料通話アプリは、それぞれ用意をしておいたほうが良かったようです。
人によって、選択するアプリが違うからです。
LINEをはじめ、Skypeやカカオトーク、ZOOMは用意しておきました。
だから、海老根さんとも、すんなりオンラインでサシ飲みを開始できました。

 

 私はキャバ嬢です。
お酒を飲んだ男性を相手にした商売です。
オンラインとはいえ、普段やっている仕事と同様ですから、戸惑う部分は全くなく。
すんなりと、男性とお酒を楽しむことになっていきました。
海老根さんの仕事は、コロナの影響受けずに順調のようです。
こういう言葉に、支援の期待を持ってしまう私。
魅力的な笑顔を絶やさずに、男性の接待をしていきました。

 

 私の仕事にも話が及びました。
これは、またとないチャンス。
ギャラ飲みのようにガツガツしては支払ってもらえるものも、支払って貰えなくなってしまいます。
さりげきなく、お仕事の量が減って、収入が大打撃を受けている話をしてみました。
「新しい仕事も見つけにくいんじゃない?」
「そうなんです。生活がどうなるか分らなくて」
すると「それじゃ、パトロンみたいになってあげようか?」と言い出しました。
「いや、定期で酒に付き合ってくれればいいんだ。飲む毎に2万円を支払おうかって思っててさ」
オンラインパパ活でサシ飲みした男性がパトロンに立候補してくれました。
これがオンラインパパ活ではないかと、心が刺激を受け始めてしまいました。
その後順調なやりとりで、電子マネーを使って支払って貰う約束にもなりました。

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずコレ!